スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
伊藤組土建 居座りの男が拳銃自殺 札幌駅前ビル内 社員の前、突然
二十二日午後六時五十分ごろ、札幌市中央区北四西四の「伊藤ビルディング」内にある伊藤組土建(札幌)の社員から、「男が拳銃で自分の頭を撃った」と110番通報があった。札幌中央署の署員が駆け付けたところ、同社の七階会議室で、男が頭から血を流して倒れており、間もなく死亡した。同署は男が拳銃自殺を図ったとみて、動機や拳銃の入手先などを調べている。

 調べでは、死亡した男は住所・職業不詳の西川正盛容疑者(64)。同署は銃刀法違反(不法所持、発射)などの容疑で被疑者死亡のまま、同容疑者を書類送検する方針。

 同署などによると、西川容疑者は二十二日午後二時ごろ伊藤組土建を訪れ、社員ら五人と面会。会議室に数時間居座り、拳銃をちらつかせた末、社員らの目の前で突然、自分のこめかみを撃ち、自殺を図ったという。拳銃は消音機付きの自動式拳銃「マカロフ」で、銃弾は一発で同容疑者の頭部を貫通したとみられる。社員らにけがはなかった。

 西川容疑者は四年ほど前まで札幌市内で建設会社を営んでおり、伊藤組土建の下請け会社から仕事を受注していたらしい。

 同署は、同容疑者と下請け会社との間に仕事をめぐるトラブルがあったかどうか調べている。

 西川容疑者は二○○三年六月、当時住んでいた同市豊平区の自宅の金庫に、自動式拳銃一丁と実弾二十発を隠し持っていたとして銃刀法違反の現行犯で逮捕され、今月十日ごろ刑務所を出所したばかりだったという。

 同容疑者が逮捕前まで住んでいた豊平区の自宅付近の住民は「(同容疑者は)とび関係の会社を経営し、十数人の若い人を使っていて、怒鳴る声がよく聞こえていた」と話す。

 現場のビルはJR札幌駅南口のすぐ近くにある九階建ての建物で、五階から九階に伊藤組土建の各部署が入っていた
スポンサーサイト
【2007/10/23 12:11 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ハムのCS制覇見るぞ 今夜最終戦 意気上がるファン
プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)最終戦、北海道日本ハムファイターズ-ロッテ戦は十八日午後六時、札幌ドーム(札幌市豊平区)で行われる。

 2勝2敗で迎える第五戦。二年連続日本一を目指す日本ハムは勝つか引き分ければ日本シリーズ進出、負ければ今季最終戦になるだけに、居ても立ってもいられないファンが午前中からドームを訪れた。

 チケットがないため、観戦できないが、せめて気分を味わいたいとグッズショップ「グッズジャム」を訪れた上川管内東川町の農業国木栄子さん(58)は「どうかどうか勝って」と、祈るように手を合わせた。チケットは完売しているが、球団には何とか入手したいというファンから問い合わせがあった。

 大型画面で試合を観戦するパブリックビューイングの会場となる札幌市東区の複合商業施設「アリオ札幌」では、第四戦より五十席多い二百五十席を用意。立ち見は約千人まで入場できるが、担当者は「立ち見の人が多ければ、試合直前にいすをさらに増やしたい」と運命の一戦に備えていた。

(北海道新聞より引用)
【2007/10/22 10:56 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
石屋製菓、操業再開は来月中旬に
人気商品「白い恋人」の賞味期限改ざんなどで操業停止中の石屋製菓(札幌、島田俊平社長)は十九日、十一月中旬をめどに操業を再開する方針を固めた。二十二日に開催されるコンプライアンス(法令順守)確立外部委員会に諮り、承認を得る。

 石屋製菓は今月下旬の操業再開を目指していたが、衛生管理体制に万全を期すため工場内の清掃活動を強化しており、当初予定していた十月下旬の再開時期を先送りした。札幌市保健所など関係機関の指導を受けながら、試験操業を繰り返した後、十一月中旬をめどに「白い恋人」の商業生産を始める。

 賞味期限改ざんの再発防止策として、石屋製菓は個別包装に賞味期限を印字する。製造再開から販売再開までは約一週間が見込まれており、十一月後半に新千歳空港など道内土産店で「白い恋人」が販売される見通し。

(北海道新聞 引用)
【2007/10/21 10:30 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
米空母・室蘭寄港 乗組員の奉仕 夕張市が断る
【夕張】米海軍の空母キティホークの室蘭港寄港に伴い、米国が申し出た乗組員らによるボランティア支援を、夕張市が断ったことが十六日、明らかになった。藤倉肇市長が住民感情を考慮し、「混乱を避けたい」と判断したためだ。

 同市によると、在札幌米国総領事館の領事から九月六日、ボランティア支援の提案があった。これに対し、市側は当初、受け入れる方向で検討を開始。具体的な作業として《1》道路脇に立てるスノーポールのペンキ塗り《2》道路のスリップ防止剤の袋詰め《3》林道のわだちの埋め立て-が候補に上がっていた。

 しかし、最終的に藤倉市長が「財政再建団体移行で不安に暮らす市民に、世論の賛否が分かれる話を持ち込んで混乱を与えたくない」として、米側の申し出を断ることを決め、市の担当者が十五日に電話で米側に伝えたという。

 キティホークは二十六日から三十日まで室蘭港に寄港する。
(北海道新聞 引用)
【2007/10/17 12:12 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
園児刺殺の中国籍女に無期懲役 「心神耗弱状態だった」 大津地裁
滋賀県長浜市で昨年2月、幼稚園児2人を刺殺したとして殺人罪などに問われた中国籍の鄭永善被告(35)に大津地裁(長井秀典裁判長)は16日、「犯行時は心神耗弱状態だった」として無期懲役(求刑死刑)の判決を言い渡した。

 最大の争点は犯行時の責任能力の程度だった。

 検察側は、鋭利な包丁を選んだり、人通りの少ない場所に連れて行ったりしたことを挙げ、冷静で計画的な犯行だと指摘。「完全責任能力があったのは明白だ」と主張。一方、弁護側は「心神喪失か、少なくとも心神耗弱状態だった」と無罪か刑の減軽を求めた。

 地裁は「統合失調症で心神耗弱状態だった」とする弁護側請求の精神鑑定結果を証拠採用した。
(北海道新聞 引用)
【2007/10/16 11:52 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
市の貝・ホッキや漁具など展示 新資料館が観光客らに人気 苫小牧
「苫小牧市の貝」であるホッキ貝の特徴や漁の歴史を紹介する「ほっき貝資料館」がこのほど、海の駅ぷらっとみなと市場(港町二)の隣接地に新装オープンし、観光客の人気を集めている。

 市場に隣接する包装作業所の移転にともない、商業協同組合苫小牧港市場が、市場の一角にあった資料館を移設した。苫小牧博物館、苫小牧漁協から資料の提供を受け、今月上旬に新資料館がオープンした。

 専用の漁具や大漁旗のほか、水流で砂の中の貝を掘り起こして網に送り込む「噴流方式」のホッキ漁の仕組みを紹介するパネルなど百点以上が並ぶ。家庭で気軽にホッキ貝の料理を味わってもらおうと、貝のむき方のコツや各種のホッキ料理のレシピが書かれたパネルも展示している。

 同組合の山本英行理事長(65)は「資料をつくる過程で、苫小牧では一九七○年代にホッキ貝が枯渇し、道東から稚貝を譲り受けたという歴史を学んだ。皆さんにも『市の貝』について知り、親しんでもらえれば」と話している。

 入場無料。開館時間は午前十時-午後三時。水曜定休。
(北海道新聞 引用)
【2007/10/15 12:33 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
元社長ら書類送検へ パロマ工業、事故対策怠る
東京都港区で2005年11月、大学生上嶋浩幸さん=当時(18)=と兄がパロマ工業製ガス湯沸かし器使用中に一酸化炭素(CO)中毒で死傷した事故で、警視庁捜査1課は10日、近く業務上過失致死傷容疑で、パロマ工業(名古屋市)の小林敏宏元社長(69)ら幹部3人前後を書類送検する方針を固めた。

 捜査1課は初めて死者を出した1985年の札幌市の事故以降、20年以上もの間、小林元社長らが事故情報を把握しながら、市場に出回った製品の点検や回収など抜本的な対策を怠った不作為があったと判断した。

 調べでは、小林元社長らは自社製品によるCO中毒事故が相次いでいることを知りながら放置し、05年11月、港区のマンションで起きた事故で、上嶋さんを死亡させるなどした疑いが持たれている。

(北海道新聞 引用)
【2007/10/10 14:40 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
逮捕男は41歳雑貨店手伝い 主婦と面識なし、通り魔か
長野市のコンビニエンスストアで7日夜、客の主婦(40)が男に刺された事件で、殺人未遂の現行犯で逮捕された男は長野県飯綱町川上、雑貨店手伝い戸谷浩秋容疑者(41)であることが8日、長野中央署の調べで分かった。

 戸谷容疑者は黙秘を続けているが、主婦とは面識がなかったとみられ、県警は通り魔的犯行の可能性が高いとして追及している。主婦は依然として重体。

 調べでは、戸谷容疑者は7日午後8時すぎ、包丁など計3本の刃物を持って車でコンビニに行き、レジの前にいた主婦の腰を無言のまま後ろから包丁で刺した。

 主婦は長女(5カ月)を抱いており、そばに夫(25)と長男(4)がいた。夫と店員が、催涙スプレーをまいて抵抗する戸谷容疑者から刃物を取り上げて店の隅に追い詰め、駆け付けた警察官が逮捕した。

(北海道新聞 引用)
【2007/10/09 11:09 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
小樽港で釣り人刺され重傷 34歳男逮捕「誰でもよかった」
【小樽】六日午後十一時十分ごろ、小樽市築港二の防波堤駐車場で、札幌在住の六十代とみられる男性が、男にいきなり包丁で肩や左胸などを刺され、重傷を負った。通報を受けて駆け付けた小樽署員が殺人未遂の現行犯で、近くにいた自称小樽市桜三、無職渡部靖則容疑者(34)を逮捕した。

 調べでは、男性は釣りに来ていた。渡部容疑者は「刺すのは誰でもよかった」と話しているという。

(北海道新聞 引用)
【2007/10/07 16:57 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
時津風親方解雇 応援していたのに…室蘭の関係者
【室蘭】時津風親方の解雇について、出身地の室蘭の関係者からは残念がる声が上がった。

 双津竜時代に後援会役員だった長谷川祐次・室蘭相撲連盟会長(79)は「十両になると態度が大きくなる力士も多いが、彼は変わらず、親方になっても紳士のイメージが強かった。解雇は残念」と肩を落とした。

 室蘭中央ライオンズクラブ(今年六月解散)は時津風親方が錦島親方時代の二○○二年に、親方に室蘭のやきとりを全国にPRするため「焼き鳥大使」を委嘱した。同クラブ代表の増岡敏三さん(62)は「両国国技館に委嘱状を渡しに行った時、報道陣に『写真はこっちから撮った方がいい』と声をかけるなど、気配りできる人だなと感じた」と話し、暴行事件との印象の違いに驚いた。

 幼少時、近所に住み、親方の母親が何度か訪れた、めがね店経営関口昭一さん(57)は「テレビの相撲中継で応援していたのですが」と残念がった。
(北海道新聞 引用)

【2007/10/06 12:45 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
採用試験で身元調査 札幌市公社 92年度から 7人の犯罪歴など
札幌市が100%出資する財団法人「札幌市下水道資源公社」(理事長・加藤啓世副市長)が職員採用選考の際、本人の同意なく受験者の犯罪歴など身元調査を行っていたことが四日、分かった。

 職業安定法では求職者の個人情報について、本人の同意なしに人種や出生地、思想などを調べてはいけないと定めている。市は違法性について認め、関係者の処分を検討する方針を明らかにした。公社は今後の採用で、身元調査を行わない。

 同日開かれた第三回定例札幌市議会の代表質問で、松浦忠氏(市政改革クラブ)が明らかにした。

 公社によると、身元調査は民間の信用調査会社に依頼。最終選考に残った受験者に対して行った。信用調査会社には、経歴や、借入金、犯罪歴の有無の三点を調べさせた。調査の回数は、判明分で一九九二年度から本年度までの計六回、七人に対して行った。公社は「違法性については認識していなかった」としている。

 加藤副市長は定例市議会で「不適切であったと言わざるを得ず、大変遺憾に思う」と陳謝。上田文雄市長も、「職業安定法に抵触する行為」と違法性を認めた上で「今後は法令順守に努める。関係者の処分は今後検討する」と述べた。
(北海道新聞 引用)
【2007/10/05 12:24 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
集団暴行前のいじめも立件 函館地検
【函館】八月下旬、函館市内の高校三年佐藤智也君=当時(18)=が集団暴行を受け死亡した事件で、函館地検は二日、傷害致死の非行事実で家裁送致済みの少年七人のうち元同級生ら三人を、それ以前にも佐藤君をいじめていたとして強要などの非行事実で函館家裁に追送致した。同地検は、「刑事処分が相当」と検察官送致(逆送)を求める意見を付けた。

 追送致されたのは、集団暴行を始めたとされる佐藤君の中学時代の元同級生(17)=強要、暴力行為、恐喝未遂=と、無職少年(19)=同=、佐藤君の中学の後輩(15)=強要、暴力行為=。

 送致事実によると、三人は暴行事件前日の八月二十五日夕、函館市富岡町一の富岡中央公園で、佐藤君に嫌がる行為をさせ、口封じのため、録画機能付きの携帯電話で撮影した。その後三人は佐藤君を金属バットで殴った。さらに、元同級生と無職少年は「明日までに八万円持ってこい」と金を脅し取ろうなどとした。
(北海道新聞 引用)
【2007/10/03 12:17 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
MRI爆発で逆転有罪 社員2人に仙台高裁
福島県いわき市の松村総合病院で2003年、磁気共鳴画像装置(MRI)が爆発し8人が重軽傷を負った事故で、ヘリウム気化の作業手順を誤ったとして、業務上過失傷害罪に問われた東芝メディカルシステムズ(栃木県大田原市)社員2人の控訴審判決公判が2日、仙台高裁で開かれた。

 木村烈裁判長は無罪とした1審判決を破棄、ともに禁固6月、執行猶予2年を言い渡した。

 2人は藤川博孝(43)と百足敬悦(47)の両被告。

 昨年7月の1審福島地裁いわき支部判決は「装置のマニュアルに爆発を警告する記載がなく、当時は社内でも爆発まで想定していなかった」と予見可能性を否定した。

 これに対し検察側が「マニュアルから事故の発生は予見可能で、事実誤認」と控訴した。

(北海道新聞 引用)
【2007/10/02 14:10 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
名古屋コーチン2割が偽物 畜産草地研究所が調査
愛知県特産の地鶏の「名古屋コーチン」と表示され、販売されている生肉や加工品の約2割にコーチン以外の鶏肉が含まれている可能性があることが1日、独立行政法人「農業・食品産業技術総合研究機構」の市場調査で分かった。

 機構の畜産草地研究所(茨城県つくば市)が、「純系名古屋コーチン」のシールが張られたり、原材料に「名古屋コーチン」とだけ表示された生肉や加工品90点を、少量の肉片で判別できる簡易DNA検査法で分析。約2割の19点に名古屋コーチン以外の鶏肉が含まれていたという。

 適正な品質表示を定めた日本農林規格(JAS)法に違反する可能性もあるという。

 同研究所の高橋秀彰主任研究員は「問題は深刻。今後、流通のどの段階で偽物が混じるのか調査したい」としている。

 加工業者や小売業者などによる名古屋コーチン普及協会(名古屋市)は品種の保持のため「純系名古屋コーチン」を商標登録している。
(北海道新聞 引用)
【2007/10/01 14:49 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。