スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
暖房10分我慢し数円浮かす 札幌79歳女性 灯油値上げで節約
値上げの大波が、市民生活を直撃している。電気、食料品、トイレットペーパー…。札幌では、灯油一リットル百円が現実味を帯びてきた。「暖かい部屋でゆっくりとテレビを見たい」。冬の「命綱」の高騰は、そんなささやかな楽しみも奪おうとしている。値上げの波にさらされる、ある高齢者の暮らしを見た。

 氷点下五・五度。十一月下旬、今季一番の冷え込みを記録した朝、その部屋の室温は二○度を大きく下回っていた。

 札幌市東区の市営住宅。築三十四年、2DKの部屋で暮らす女性(79)は、灯油ストーブのスイッチを入れる手をふと止めた。

 「もう少し、我慢しようかな」。座骨神経痛を患い、冷えるとひざが痛む。でも、上がり続ける灯油価格に「ほんの十分でも使わなければ、何円かでも浮くから」と思い直した。

 女性は知的障害のある長男(50)と二人暮らし。歩くのがつらいので、できれば家にいたいが、今冬は長男を職業訓練所に送り出した後、出かける機会が増えた。

 持病の治療で病院に行くと、診療を終えても待合室に三十分以上、長居する。スーパーでは買う気もないのに、婦人服売り場をぶらぶらする。それもこれも「家にいるとストーブを使ってしまうから」だ。灯油高騰への「小さな抵抗」。

 女性は毎日、欠かさず家計簿をつけている。毎月の収入は年金など十五万二千円。支出は食費三万六千円、ガス・電気・水道代一万六千五百円、医療費二万三千円…。これに保険料、交通費などを加えれば、生活はいつもぎりぎりだ。

 女性は社会福祉団体を通して灯油を購入している。昨冬は一リットル六十七円だった。使う量はひと冬で十八リットル入りポリタンク二十八個分。昨冬の灯油代は三万三千七百六十八円だった。

 ところが、今冬は十八円も高い一リットル八十五円。生活協同組合コープさっぽろが十二月一日から、十七円の大幅値上げに踏み切ることから、女性が購入する燃料会社も値上げするかもしれない。「一万円以上は出費が増え、間違いなく赤字になる」。家計簿をつける手が止まった。

 自分の葬式代などにとってある貯金は二十万円に満たない。「もし、貯金を崩すことになったら」。考えたくない思いが頭をよぎる。

 午後四時半。外出を終えた女性は長男を待ちながら、夕食の準備を始める。だが、台所に立つ間、ストーブを付けない。台所は調理に使う火で暖かいからだ。

 午後六時ごろ、長男が帰宅するころ、ようやく火を付ける。「息子が寒いのはかわいそう」

 唯一の楽しみはテレビのニュースやドキュメンタリー。だが、それも我慢し、午後九時にはストーブも電気も消して床に就く。「去年と生活はがらっと変わった」

 米の低所得者向け住宅ローン(サブプライムローン)の焦げ付き、投機マネーの原油市場流入…。一般市民とは無縁の動きが、灯油の高騰を招き、市民を苦しめる。

 札幌管区気象台によると、二十八日の予想最低気温は氷点下二度。厳しい冬は始まったばかりだ。
スポンサーサイト
【2007/11/29 12:15 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
日本ハムが運搬用にバイオトラックを導入
日本ハムは食用廃油を燃料にするバイオディーゼルトラック2台を球団グッズ運搬用にテスト導入すると発表。「B・B号」と名付け、お披露目した。
【2007/11/25 17:20 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
京都戦の視聴率19・5% 終了直前に記録
サッカーJ2コンサドーレ札幌の昇格がかかり注目された、十八日午後一時五十五分からの札幌-京都戦(NHK総合)の中継番組の平均視聴率は、ビデオリサーチの調べで、札幌地区で11・7%だった。

 瞬間最高視聴率は、試合終了直前の19・5%。NHK札幌放送局は「日曜日の日中の時間帯では、大変高い数字」と話している。
【2007/11/20 19:42 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
助産師・庄さん 愛の手で取った231人 親子ら開業10年祝う 札幌
助産師庄(しょう)曜子さん(55)が運営する札幌市東区のさくら助産院の開業十周年を記念した集いが十八日、中央区の札幌全日空ホテルで開かれた。庄さんに取り上げられた生後二カ月から十歳までの子供たち、父母ら約二百人が集まり、交流を深めた。

 さくら助産院は、助産師として市内の産婦人科病院に勤めていた庄さんが、自宅で出産を希望する女性のため、一九九七年に開業した。

 母体に負担がかかるような場合は迅速に病院と連携をとり、安全を最優先している。出産後も、赤ちゃんのマッサージ方法を教え、育児の相談に乗るなど、女性たちにきめ細やかな指導をしてきた。

 庄さんは「これまでに世に送り出した赤ちゃんは二百三十一人になります」と振り返る。

 会場では親子連れが庄さんとの再会を懐かしみ、親同士で離乳食や、だっこの仕方、病気の時の対処法などを情報交換していた。

 四月に自宅で第一子さくらちゃんを出産した中央区の主婦三野弥生さん(35)は、夫に勧められ、同助産院にかかった。「初めは不安だったけれど、検診のたびに庄さんが二時間近く話を聞いてくれて、信頼した上で子供を産むことができました」と振り返る。

 三野さんは、会場を見渡し、「一人の女性がこんなにたくさんの子供を取り上げたのかと思うと、感動します」と話した。

 庄さんは親子との再会に顔をほころばせながらも、「これからも、出産に臨む女性のお手伝いを続けていきたい」と語った。
【2007/11/19 18:21 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(1) | page top↑
レラカムイ北海道、首位の壁厚し
<バスケットボール日本リーグ:トヨタ自動車108-92レラカムイ北海道>◇14日目◇10日◇札幌・月寒アルファコートドーム

 レラカムイ北海道が首位トヨタ自動車に敗れリーグ4敗目を喫した。第3クオーター(Q)終了時点では73-77と小差だったが、第4Qに突き放された。主軸の折茂武彦(37)桜井良太(24)タイラー・ニュートン(25)がいずれもファウル4つを犯し動きを封じられた。順位は4位のまま。東野智弥監督(37)は「終盤は、自分たちのバスケットをさせてもらえなかった」と敗因を説明した。

【2007/11/11 18:30 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
今年のハクサイ太鼓判 漬物加工が最盛期 北村地区
【岩見沢】冬の足音が聞こえる季節となり、鍋物などに欠かせないハクサイが旬を迎えている。全道一の産地である市内でも収穫がほぼ終わり、一部の農家では漬物などの加工作業が盛んに行われている。

 市内では北村地区を中心にハクサイの生産が盛んで、作付面積は道内一を誇る。今年は百四十五戸の農家が約二百二十ヘクタールに作付けし、生産量は約六千五百トンの見込みで、ほとんどが本州に向けて出荷される。同地区では直売所での販売やイベントでのPRにも熱心に取り組んでいる。

 市によると、自家用を除いて、販売向けにハクサイの漬物を手がける生産農家は数軒ある。

 いわみざわ農協に昨年から漬物を出荷している市内北村豊里の北村博さん(54)宅では、塩漬け、キムチ漬けなど四種類を作るのに大忙し。約百アールの畑で育てた自家製のハクサイを使う漬物は好評だという。北村さんは「今年のハクサイは出来が良く、漬物もおいしいはず」と、手作りの味に自信を見せる。
【2007/11/10 11:41 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
帯広と網走で初雪 道内 今季1番の寒気
九日朝の道内は、上空に寒気が入り込んだ影響で、道央や道北などで今季一番の冷え込みとなった。帯広と網走では初雪を観測した。

 札幌管区気象台によると、宗谷管内中頓別町で氷点下七・一度、空知管内幌加内町朱鞠内で同六・八度、上川管内中川町で同六・五度を観測。札幌は○・七度、室蘭も三・六度となり、いずれも今季の最低気温を記録した。

 寒気は引き続き道内上空にとどまり、十日も寒さが続くという。
【2007/11/09 14:27 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
住宅に衝突し58歳女性死亡 帯広
【帯広】四日午後十一時半ごろ、帯広市西五南三○の木造二階建て住宅のコンクリート製基礎部分に、隣に住む衣料品店店員杉本恵子さん(58)の乗用車が衝突、杉本さんは外傷性大動脈損傷で間もなく死亡した。住宅の住民にけがはなかった。

 帯広署の調べでは、住宅は杉本さんの自宅アパート駐車場のすぐ脇にあり、乗用車は前から衝突した。同署は現場にブレーキ痕がないことなどから、杉本さんが駐車する際、ブレーキとアクセルを踏み間違えたか、脇見をしていた可能性があるとみて調べている。
【2007/11/05 15:20 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
中村さん、今も無事 イラン外相からと副大臣
【イスタンブール3日共同】イラク安定化会議出席のため、トルコ入りした小野寺五典外務副大臣は2日、参加国外相夕食会でイランのモッタキ外相と懇談後、共同通信に対し、イラン南東部で誘拐された横浜国立大4年、中村聡志さん(23)はパキスタンとイランの国境付近におり、今も無事だと語った。

 副大臣は、イスタンブールで催された夕食会でモッタキ外相と隣席だったとした上で「イランからただ(中村さんが)元気と聞いているだけではない。納得できる形でそう聞いている」と述べた。

 また、中村さんの所在については「私どもが聞いている話ではイランとパキスタンの国境付近にいる」とした上で「明後日(4日)イランに入って正式な情報を聞きたい」と述べるにとどまった。

 副大臣は、テヘランでイラン当局にあらためて協力を求める方針だが、解決に向け「楽観も悲観もできない状況だ」と話した。
【2007/11/03 20:36 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
離陸速度は正常、急に落下 空自機炎上で、副操縦士
愛知県豊山町の県営名古屋空港で航空自衛隊F2支援戦闘機が炎上、乗員2人が重軽傷を負った事故で、乗員の1人が、機体は正常な離陸ができる速度で滑走、浮上直後に急に落下したと話していることが2日、県警の調べで分かった。

 機体が十分な推進力を保って離陸し始めたとすれば、県警は操舵関係の不具合の可能性もあるとみている。

 調べでは、事故機に搭乗していた空自OBの水島光男副操縦士(56)が離陸時に速度メーターを確認したと説明。時速約220キロに達してから浮上したものの、高度10数メートル地点で落下したという。滑走前の整備、点検で機体に異常はなく、離陸直前まで計器類は正常に作動していたという。
【2007/11/02 11:16 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。