スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
道内 きょうから大荒れ
道内は二十九日、日本海と太平洋側の二つの低気圧の影響で全道的に大雪や強風が予想され、大荒れの天気となる見通しだ。三十日も道東の一部を除き荒天が続く恐れがあり、帰省ラッシュで移動する人も多いことから、札幌管区気象台は注意を呼びかけている。

 同気象台によると、二十九日以降、低気圧が日本海側に停滞するほか、三陸沖からも低気圧が道東の太平洋側へ進む。このため十勝地方を中心に太平洋側東部で大雪となり、二十九日朝の降り始めから午後六時まで五○センチに達する見通し。石狩地方南部は二十九日昼すぎまでに二○-三○センチの積雪が見込まれる。道南や胆振地方は雨も予想され、同気象台は融雪による浸水や河川の増水への注意を呼びかけている。

 風も全道的に強く、太平洋やオホーツク海側では最大風速が海上二五メートル、陸上二○メートル、波の高さは最大六メートルと予想される。大荒れの天気は三十日も全道的に続く見通しだが、昼すぎからは、低気圧がオホーツク海側に抜ける太平洋側東部で、収まる可能性がある。

 一方、二十八日は濃霧の影響で、中標津、函館の各空港発で丘珠空港行きの計二便が、新千歳空港に代替着陸した。

スポンサーサイト
【2007/12/30 18:36 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
キウシト湿原を特別緑地保全地区に 登別市 札幌圏外で初の指定
【登別】登別市都市計画審議会(石井憲一会長)が二十五日開かれ、市内若山町のキウシト湿原を特別緑地保全地区に指定する計画案について、原案通り答申することを決めた。同地区の指定は市内初。指定により、建築物の設置などに道知事の許可が必要となる。市は道と協議の上、来年四月にも正式決定する。

 住宅街に囲まれたキウシト湿原は、環境省の重要湿地に指定されている。約四・八ヘクタールのうち、市は既に三・六ヘクタールの土地を取得しており、防護柵の設置など整備を進めてきた。

 湿原には、道央から道南の太平洋沿岸にだけ分布するワラミズゴケのまんじゅう型の群落、オオバタチツボスミレなど、希少種が多数確認されている。

 現在、市民団体「キウシト湿原の会」(堀本宏会長、四十三人)が、環境教育への活用を目指し、外来植物の駆除、乾燥から湿原を守る手入れなどに取り組んでいる。

 保全地区に指定されれば、宅地造成や開墾、土石採取、木の伐採、水面の埋め立てなどを制限できる。道都市計画課によると、道内では二十四カ所が保全地区に指定されている。このうち二十三カ所が札幌市内で、残りは北広島市内。札幌圏以外の指定は登別が初めてとなる。

 湿原の会の堀本会長は「湿原を守る法の網がかかることは、非常にありがたい。市民の宝として、未来に引き継げる状況に近づいた」と喜ぶ。

 このほか同審議会では、富岸町の市街化調整区域約一・八ヘクタールを、住宅を造成できる「優良田園地区」に変更する計画案も、原案通り答申することを決めた
【2007/12/26 16:08 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
三浦監督、続投へ
J1昇格を決めた札幌の三浦俊也監督(44)が、来季も続投することが21日、決定的となった。札幌を運営する北海道フットボールクラブ(HFC)が、三浦監督から内諾を得たことを明らかにした。正式契約は28日以降となりそうだ。

 HFCの児玉芳明社長によると、三浦監督が強化部に「来季も引き受ける」と語ったという。児玉社長は「監督のJ1での手腕に期待している」と話した。

 三浦監督は来季を指揮するに当たり「J1定着には資金が必要」と強化費の上積みを要望していた。これに対し、HFC側は、シーズン終了後の時点では、来季に筆頭スポンサーとなることが決まったニトリからの寄付金1億円を加えても来季の強化費を約8億円としていたが、20日の取締役会では約9億円まで上積みできるという見通しを示した。同監督は18日の交渉ではJ1での戦い方をただした上で、態度を保留していた。

 HFCとしては9億円が限界といい、それでもJ1では最下位ランク。児玉社長は「監督の期待には応えられないが、広告スポンサーの新規開拓など、営業努力により強化費を上積みできれば」と述べた。

 HFCは複数年契約を打診したもようだが、三浦監督は今季と同様、1年契約を望み、HFCも監督の意思を尊重する構えだ。
【2007/12/22 11:51 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
日本ハム・マイケルが日本代表入りを熱望
【ゴールドコースト(オーストラリア)16日=高山通史】日本ハムの守護神マイケル中村投手(31)が来年8月の北京五輪は日本代表に絞り、出場を狙う意向を明かした。過去2度、代表として五輪出場経験があるオーストラリア代表入りの打診を受けても、辞退する方針。両国の国籍を持つため、いずれの代表としても出場資格はあるが、父の母国でもある日本、星野ジャパン入りを熱望した。

 自宅のあるメルボルンから、ゴールドコーストでの優勝旅行に現地合流。家族とバカンスを過ごしながらも、腹は既に決まっていた。「オーストラリアに呼ばれても行くことはない。断ると思う。もう決めている」。11月の日本代表との強化試合の際に、ジョン・ディーブル監督が来年3月の世界最終予選での招集を示唆。同国出身の阪神ウィリアムスとともに、マイケルの名前を挙げ「試合に呼びたい」としたが、本人にはその気持ちがなかった。

 96年アトランタ、00年シドニーはオーストラリア代表で出場。五輪憲章では前回の大会出場から3年以上経過することを条件に、国籍を変更した国で新たに五輪参加することが認められている。諸手続きをすれば、日の丸を背負うことが可能だ。野球が正式競技としてラストかも知れない北京は、父吉宏さんの母国を選んだ。既に「キャッチボールとか体を動かしている」と始動。5月の1次候補入りはしたが最終的に落選した、悲願の星野ジャパン入りのラストチャンスにかける。

【2007/12/17 10:56 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
元教頭児童買春認める 札幌地裁で初公判 児童ポルノ製造も
少女に現金を渡していかがわしい行為をした上、裸の写真を撮影したとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春、児童ポルノ製造)の罪に問われた、札幌市手稲区富丘二の四、元札幌市立星置東小教頭細田孝幸被告(55)の初公判が十四日、札幌地裁(中川綾子裁判官)で開かれた。細田被告は罪状認否で「間違いありません」と述べ、起訴事実を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、細田被告が一九九一年ごろから、テレクラで知り合った女性の裸の写真の投稿を始めたとし、「昨年、札幌に出会い系喫茶が開店した後は、投稿写真が格段に増えた」と指摘した。また、十八歳未満の少女の写真は雑誌に投稿せず、十八歳以降に少女を投稿写真のモデルにさせるために備えていた、とした。

 起訴状などによると、細田被告は今年五月下旬から九月下旬にかけ、札幌市中央区などの駐車場にとめた乗用車内やカラオケ店で、出会い系喫茶で知り合った十六-十七歳の少女六人が十八歳未満と知りながら、現金を渡して胸を触るなどのいかがわしい行為をし、少女の裸をデジタルカメラで撮影した。
【2007/12/14 14:36 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
記録的少雪、札幌11センチ 9日現在今季累計 過去10年で2番目
道内各地が大雪に見舞われる中、札幌市内では九日現在、今冬の累積降雪量は一一センチと平年を五○センチも下回っている。過去十年間でも二番目の少なさだ。十一月以降、西風の吹くことが多く、手稲山(一、○二四メートル)が雪雲をブロックしているのが原因という。

 札幌では、初雪が降った十一月二日以降、まとまった雪がなく、今月は九日に初めて一センチの降雪が観測された。

 札幌管区気象台によると、例年はオホーツク海南部の低気圧の影響で、北寄りの風が吹き、札幌上空に雪雲が運ばれる。しかし今年は低気圧がオホーツク海北部に移動する傾向が強く、西寄りの風が吹くことが多かった。

 この西寄りの風が吹くと、雪雲は手稲山に阻まれるため、札幌では雪が少なくなる。同じ現象は十二月上旬まで降雪が少なかった二○○三年と○五年にも見られている。

 一方で、西寄りの風に乗った雪雲は空知方面へ流れ、岩見沢市では九日現在で、平年より五○センチほど多い一七六センチの累積降雪量を記録している。

 十日の札幌市内では四センチの降雪があったが、午後五時現在で積雪はゼロ。根雪の初日は平年で三日、昨年は十一月二十九日だが、今年はいつになるか予想がつかない。

 降雪が少ないため、テイネオリンピアスキー場(手稲区)、札幌藻岩山スキー場(南区)、さっぽろばんけいスキー場(中央区)は今月上旬の営業開始を延期。雪不足のため、オープンの見通しが立っていない。

 同気象台によると、今週いっぱいは降雪がなく、十六日以降、北寄りの風が吹いて雪を降らせる。予報課は「帳尻を合わせるようにドカ雪の降る日もあるので、ひと冬の降雪量は平年並みの見込み」とみている。
【2007/12/12 10:57 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
道総計素案 「札幌延伸」削除で紛糾 道新幹線の審議委員1人が辞任
国土交通省北海道局は十日、国土審議会北海道開発分科会の計画部会に次期北海道総合開発計画の素案を示した。審議では、北海道新幹線の未着工区間(新函館-札幌間)の記述をめぐり、委員の佐藤馨一(けいいち)・北大大学院工学研究科教授が「(素案文案にあった)札幌延伸の表現が削除され、納得できない」として委員を辞任した。さらに、別の委員からも批判が続出。十一日開催の北海道開発分科会では、札幌延伸をめぐる論議が白熱しそうだ。

 文案の起草委員の一人でもある佐藤教授は「起草段階では『札幌延伸に向けた環境整備に努める』などの表現を入れる方向だったが、(省内の)調整で削られた」と指摘。そのうえで、「(新幹線を推進する)自らの立場が説明できず、本日で辞任する」と述べた。

 素案での新幹線部分は「着工区間の着実な整備を進めるとともに、それ以外の区間について所要の事業を進める」の表現にとどまる。同省北海道局は札幌延伸の削除について「国全体の次期国土形成計画案での新幹線の表現に合わせた」と釈明。同省鉄道局が未着工区間の建設方針が固まっていないことを理由に、難色を示したとの見方を否定した。

 札幌延伸の表現に対しては、ほかの複数の委員も「しっかり明記してほしい」などと要望。このため、同省北海道局は十一日の北海道開発分科会での意見などを踏まえ、最終判断する方向だ。
【2007/12/11 10:54 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
清水が1000m制し2冠を達成/Sスケート
<スピードスケート:浅間選抜>◇最終日◇9日◇長野・松本市浅間温泉国際スケートセンター◇男女1000メートルほか

 男子1000メートルは清水宏保(33=NEC)が1分12秒86で同種目を4年ぶりに制し、前日の男子500メートルに続き2冠を達成した。女子1000メートルは辻麻希(岸本医科学研究所)が1分20秒04で、こちらも2冠を達成した。男子3000メートルは佐山敏幸(20=専大)が3分59秒77の大会、リンク新記録で初優勝した。清水は「リンクレコードを狙っていたが、クロスのところで前がふさがった。調子は7割くらい。チャレンジャーの気持ちで全日本スプリント(22日開幕、釧路)に向かいたい」と話した。
【2007/12/10 12:16 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
コンサ支援、ニトリ発表 新規開拓に弾み
解説〉ニトリが札幌に来季、広告料2億円に加え選手強化費として1億円の寄付を行うと発表したことは、北海道フットボールクラブ(HFC)にとっては朗報だ。HFCは道内経済界からの支援という「追い風」を生かし、経営健全化に結びつけたい。

 メーンスポンサーが決まったことで、来季のスポンサーの枠組みが固まるだけでなく、新規開拓への弾みにもなる。HFCの今季の広告料収入は総額約4億5千万円。ニトリが2億円支援を表明したことで、上積み分に加えて、他スポンサーへの波及効果も期待できる。

 今季の強化費は約6億円。J1に昇格する来季は8億円程度まで増額する構想だったが、同社の支援決定でめどがついた。さらに、1億円の寄付金によって、新たな外国人の獲得など、より効果的な補強も可能になりそうだ。

 また、ニトリグループ挙げてのサポートも心強い。同社は全国44都道府県及び台湾に計162店舗を出店し、パートを含めると約1万人の従業員を抱える道内屈指の企業。似鳥社長は、社内で応援組織を結成するほか、北海道発祥の企業に声を掛け、札幌を応援する企業の全国組織をつくる意向も示した。

 J1昇格を果たし、来季の態勢が着々と整ってきたように見えるが、巨額の累積赤字を抱える現実は変わりない。HFCは、昇格をきっかけに新たな観客層の掘り起こしなど、一層の営業努力が求められる
【2007/12/09 18:40 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
Sスケート石野&清水が浅間選抜に参戦
スピードスケートの浅間選抜が7日、長野・松本市浅間温泉国際スケートセンターで開幕する。競技は3日間で、初日は男女1500メートルほかが行われる。W杯前半戦の代表から漏れた、国内転戦組が出場する。女子1500メートルには、苫小牧ハイランド競技会、真駒内選抜で2冠を果たした石野枝里子(22=富士急-白樺学園高)がエントリー。2日目の男子500メートルにW杯代表復帰を目指す清水宏保(33=NEC-白樺学園高)が出場する。
【2007/12/08 11:42 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
窓越しからXマスのぬくもり ケーキ型バッグ展示 札幌中央区の手芸店
札幌市中央区の手芸店「カナリヤ」のショーウインドーに、クリスマス気分を盛り上げるケーキ型バッグやフェルト製のチキンの丸焼きの飾りが展示されており、通行人の目を楽しませている。

 クリスマス向けの手作り作品の展示は昨年に続き二回目。今年は昨年展示したフェルト製のチキンやサラダの飾りのほか、ケーキやヒョウの赤ちゃんの形をした一風変わったバッグが並ぶ。従業員十人が布地や人工皮革を使って約一カ月で製作。手作りの温かさが伝わるユニークなバッグだ。

 同店は毛糸や服地をそろえる手芸店。「服に合うバッグを持つだけではなく、バッグ目線で服を選んでほしい」と新たな提案をしている。

 買い物途中の東区のOL江波あずささん(27)は「ヒョウ柄のバッグに合う洋服を探さないと」と話しながら展示を眺めていた。展示は二十四日まで。
(北海道新聞 引用)

【2007/12/07 20:24 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
日本ハム武田久が1億大台突破で決意新た
6年目で大台突破! 日本ハムの中継ぎエース武田久投手(29)が4日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4000万円増の1億1000万円プラス出来高で1発サインした。今季チーム最多の64試合に登板したタフネス右腕が、一流の仲間入りを果たした。(金額は推定)

 小柄な鉄腕が、ついに大台にたどり着いた。約1時間半のロング交渉を終えた武田久は、すっきりした表情で会見場に姿を見せた。「フルに、ケガなくやれたことをしっかり評価していただいた。大台? 超えました」。来季6年目で、1億円プレーヤーの仲間入りを果たした。

 1億円突破の喜びを聞かれ「逆に責任感というか、今まで以上にしっかりやらなきゃというのがある」と決意を新たにした。今季はセットアッパーとしてチーム最多の64試合に登板。投手陣で最も小柄な170センチの右腕だが、防御率2点台が示すように存在感は際立っていた。

 両リーグ最多の75試合に登板した昨季に続く2年連続のフル稼働に、島田チーム統轄本部長は「2年続けて同じポジションでやるのは難しい。去年以上に負担が掛かったし、それだけ評価していい」とねぎらった。74回1/3というイニング数も評価。わずかながら出来高も付く契約。06年の1800万円から、実質2年間で大幅アップを果たした。

 日本ハムの中継ぎ投手の年俸1億円は、ダイエーから移籍2年目の下柳が97年に突破したが、生え抜き選手で中継ぎ一筋に限れば初めて。「今の野球界は後ろ(リリーフ陣)が強いところが勝っている。それだけにやりがいがある」。梨田新体制に変わる来季も、同じセットアッパーの役割を全うする意気込みだ。

 来季はシーズン中心はもちろんだが、北京五輪本大会のメンバー入りにも意欲的だ。最終候補メンバーとして直前まで合宿に参加しただけに、思いは募る。「あそこまで真剣になれる、日の丸を付けたい気持ちはある。どこか頭の隅に入れて頑張りたい」。中継ぎエースがさらなる飛躍を期した。
(日刊スポーツ 北海道版 引用)
【2007/12/05 11:17 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
「寿みそ」も10-15%値上げ 来年3月から
「寿みそ」ブランドでみそ製品を製造販売している日本清酒(札幌)は三日、みそ製品六十品目の出荷価格を来年三月一日から10-15%引き上げる意向を明らかにした。スーパーなど量販店と今後、本格的な交渉に入る。

 みそ製品の値上げをめぐっては、原材料の大豆や包材の調達価格高騰を理由に、岩田醸造(同)と福山醸造(同)が同時期の実施を表明済み。日本清酒も値上げの意向を明らかにしたことで、道内三大メーカーの足並みがそろった。


(北海道新聞 引用)
【2007/12/04 22:40 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
攻めの主役最後もダビ 2ゴールで、チームを優勝に導く
攻撃の主役、ダビが最終決戦で2ゴールを決め、チームを優勝に導いた。ビッグタイトル獲得は自身初といい、お立ち台では「人生で一番大事な瞬間にチームメートと喜び合えることを誇りに思う」と目を潤ませた。

 前半12分、ペナルティーエリア内で倒れたプレーが、ファウルを誘うシミュレーションと判断され警告を受けた。しかし、その後もゴールに突き進む姿勢は衰えない。

 前半43分の同点弾は、ゴールのにおいをかぎ分けるダビのポジション取りのうまさが光った。西が頭でつなぎ、砂川が胸で落としたボールに、右足の強烈なボレーシュートを決めた。後半38分には岡本の縦パスに抜け出し、スピードに乗ってDFを振り切り、左足でゴールネットを揺らした。

 第50節の京都戦は、先制の好機にPKをGKに阻まれてしまった。引き分けで昇格がお預けになったことに責任を感じていた。帰宅後、妻のメイリアーネさんに「あなたはいいところにけったわよ。相手GKがよかっただけ」と励まされ、頭を切り替えた。

 通算17得点はJ2ランク6位。元札幌のフッキ(東京V)の37得点と比べれば物足りない。しかし、前線でボールをキープし、献身的な守備を見せるダビの存在は大きく、今季の札幌には欠かせなかった。

 三浦監督も「ゴール数では見劣りするが、宝くじでいえば大当たり」と高く評価した。

 対戦してみたい相手にはアジアチャンピオンの浦和を挙げ、強い相手に挑む気持ちをあらわにした23歳。来日2年目の来季はJ1の荒波が待っている。
【2007/12/03 11:06 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。