スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
モディリアニの目(3月31日)
細長い首に面長の顔。大きな目は、時に瞳が描かれていなかったり、塗りつぶしてあったりする。モディリアニの絵は不思議な魅力がある。去年、札幌でも展覧会が開かれた▼瞳のない目が、澄んだ青色で満たされている。〈私は、あの眼が欲しい〉と詩人の吉野弘さんが書いた(「モジリアニの眼」)。〈ゆらめく光のようなあの青に/事物が吸いこまれる/しかし、瞳はなく…脳の皮質から批評を誘い出す可能性もない〉▼吉野さんは社会もまっすぐに見つめた詩人だ。しかしここでは〈あらゆる生きもののうち/最も精緻(せいち)な出来損(できそこな)いは人間だ〉とこぼしている。〈見えるものすべてを/私に、批評させず憎悪させず/ただ受容させるために〉あの目を望んだ▼見れば何かを言い、憎悪したくなる。最近も目を覆うような事件が続いた。「誰でもよかった」と八人を刺した容疑者は「反省はしていない」。見知らぬ人をホームから突き落とした男は十八歳だった▼函館の高三の集団暴行死で、加害の少年は、虫の息の被害者に「どこ痛いの」「頭?」と尋ねた。被害者がうなずくと靴底で思い切り顔を踏みつけた。「殴られるより殴る側に立ちたかった」。そう法廷で語った▼見なければならぬ現実だが、直視はつらい。〈人間の所業すべてを…眼に満たされた青い光波に/ゆらゆらと遊ばせ拡散させていたい〉。あの目が欲しくもなる。

スポンサーサイト
【2008/03/31 10:15 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
高校生 バイオ体験*室工大*毛髪で遺伝子実験
室蘭工大で二十二、二十三の二日間、「遺伝子を見る、視(み)る、診る」と題した高校生向けバイオ体験実験が行われた。札幌や旭川など道内各地から集まった十九人が、毛髪の遺伝子を解析してアルコール代謝遺伝子を調べる実験に挑戦した。

 高校生に科学の楽しさを伝えたいと、同大応用化学科の安居光国准教授が毎年実施している。

 二十三日は、前日に抽出した毛根の遺伝子に、電気を流してアルコール代謝遺伝子の移動の仕方を調べて、酒が飲めるタイプかどうかを判定した。

 生徒らは同大学生の指導を受けながら、慣れない手つきでスポイトを使い、千分の一ミリ単位で薬品を配合するなど、慎重に実験に取り組んでいた。

 室蘭栄高一年の橋本一道君は「以前から興味のあったバイオ実験ができてうれしい。想像以上に細かい作業で、手が震えた」と話していた。
【2008/03/24 18:04 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
まだまだ雪遊び 札幌・藻岩山でスキー場まつり
札幌市南区の藻岩山スキー場で十六日「スキー場まつり」(札幌藻岩山スキー場管理運営協議会主催)が開かれ、親子連れなど約三百五十人が雪あそびを楽しんだ。

 毎年三月恒例のイベント。古タイヤのチューブに乗って斜面をすべる速さを競う「チューブスライディング」や、雪の中に埋めたカードを探し出す「宝さがし」などが行われた。

 チューブスライディングは性別、年代ごとに行われ、七歳から六十四歳までの約四十人が参加。小学校低学年男女の部では、白石区の小橋司明(もとはる)君(9つ)、美月さん(7つ)が兄妹でそれぞれ優勝。司明君は「途中でチューブから落ちそうになったけれど、つかまりました」と笑顔で話していた
【2008/03/18 12:00 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
仏高級ホテル、来年6月開業 ススキノ・旧アオキビル跡
三井不動産(東京)は十三日、札幌・ススキノで老舗キャバレー「エンペラー」があった旧アオキビル(札幌市中央区南四西二)の跡地で、地下一階地上十五階建ての複合ビル建設に着工したと発表した。三-十五階には仏大手ホテルチェーン・アコーグループの高級ホテル「メルキュール」が入居し、来年六月にオープンする。

 国道36号に面した約二千平方メートルの敷地に建設する複合ビルは、延べ床面積約一万八千平方メートル。ホテルの客室はダブルとツインを中心に二百八十五室で、フランス料理を主体としたレストランや約二百平方メートルの広さの宴会場なども備え、ビジネス、観光客両方をターゲットにする。

 アコーグループは世界百カ国で三千八百のホテルを運営。十二ブランドあるホテルのうち、今回札幌に進出するメルキュールは、国内では既に銀座(東京)や成田(千葉)で展開している。複合ビルの地下一階-地上二階部分には今後、飲食店やエステ、フィットネスクラブなどを誘致する。
【2008/03/14 17:06 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
道産子3人、気合十分
21歳の石井、20歳の西と藤田。道内出身で札幌ユース育ちの3人が、控えも含めた開幕戦メンバー18人の中に選ばれた。クラブの将来を背負って立つ3人が8日、J1の晴れ舞台に立つ。

 7日、最終調整が行われた宮の沢白い恋人サッカー場。三上強化部長は、ピッチを駆ける3人を感慨深げに眺めていた。

 資金力に劣る札幌は2003年、育成を基本としたチーム強化の5カ年計画を定め、1997年に発足していたユースチームに一層力を入れた。その成果が実り、現在は石井ら5人がトップチームに所属する。

 石井は「僕はユース出身を誇りに思っている。僕らのプレーがユースの後輩の刺激になってくれればうれしい」という。

 昨季は同期の藤田に後れを取った西も、今季は故障で出遅れた藤田からポジションを奪う勢い。開幕戦は右サイドのMFで先発が濃厚だ。鹿島の中盤は、小笠原や本山ら元日本代表の名手がそろうが、西は「鹿島は一人一人がうまいけど、僕がボールを落ち着かせたい」と頼もしい。藤田も定位置を取り返そうと調整に必死だ。

 「将来は、ピッチに立つ半分がユース出身か道内出身というのが理想」と三上部長。トップチームでユース出身は、ほかに鈴木とルーキーの横野がいる。ユース以外の道産子は、曽田と池内に加え今季、宮沢という大型新人も入った。

 道民から愛される「おらが道産子チーム」へ将来は明るいが、若い3人がJ1の強豪相手に通用するかは未知数。鹿島戦は、クラブの未来を占う意味でも大切な試合である。
【2008/03/08 18:39 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
エースとアイアイ・テー 物流2社統合、売上高100億円
道内トラック運送中堅のエース(石狩、林博己社長)とアイアイ・テー(札幌、斉藤克彦社長)は二十九日、事業拡大を目指して四月一日に共同持ち株会社を設立することを明らかにした。両社を合わせた車両台数は約六百台、売上高は約百億円で道内上位となる。

 共同持ち株会社名は「アイ・アンド・エース」で、会長に斉藤氏、社長に林氏が就く。本社はアイアイ・テーのある札幌市西区に置く。資本金は一億円で、株式の統合比率は一対一。

 エースは道内卸大手、アイアイ・テーは量販店やスーパーなどの物流業務受託で実績がある。両社は経営統合によってブランド力の向上を図り、新規受注を拡大するほか、燃料や車両の購入費削減など業務の効率化も目指す。
【2008/03/02 19:18 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。