スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
泊3号機で5件目不審火 屋外トイレで紙焦がす
【泊】後志管内泊村で建設中の北電泊原発3号機で七日午前七時五十分ごろ、屋外の仮設トイレ内にあったトイレットペーパーの一部が焦げているのを作業員が発見した。3号機では七月に入って四件の不審火が発生、人為的な電源コードの切断も見つかっている。北電は不審火発生を受けて七月二十四日に屋内工事を中断し監視体制を強化、今月三日に工事を再開したばかりだった。

 北電によると、現場は原子炉建屋から南方向へ数百メートル離れた作業員詰め所の簡易トイレで、便器正面に積まれたロール状の予備のトイレットペーパーの表面が一部焦げていた。岩内署などによると、トイレを使用した作業員の話では同日午前七時十五分の時点で異常はなかったという。付近にたばこの吸い殻などは確認されておらず、原因は不明という。

 3号機では、発電用機器の搬入と据え付けを行う原子炉建屋などの屋内工事現場で七月三、四、十一、二十四日に不審火が発生。二十三日には電源コードが切断されているのが発見された。

 これを受け北電は屋内工事に関し、監視員を従来より約百人増員、監視カメラも増やすなどの新たな再発防止策を講じていた。ただ、屋外の監視体制は通常の巡回が行われる程度で、再発防止策の対象ではなかった。北電は屋内の監視体制は確立しているとして工事は中断しない。

 道などによると、北電は今回の不審火について七日午前八時三十分ごろに認知したが、道や関係四町村への通報は約二時間遅れの同十時二十分ごろだった。

(北海道新聞 引用)
スポンサーサイト
【2007/08/08 12:03 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
<<夕張市役所野球部が「復活」 道銀と親睦試合 退職者助っ人に | ホーム | 地元牛乳、マチの誇り 登別でまつり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
レノヴァ トイレットペーパー
レノヴァのトイレットペーパーをついに手に入れて使ってみました!真っ黒で3枚重ねのシルクの... レノヴァ トイレットペーパー【2007/08/08 21:31】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。