スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「白い恋人」ネット競売で高騰 市価の5倍以上も
賞味期限改ざん問題などで、石屋製菓(札幌)が自主回収を進めている人気菓子「白い恋人」が、インターネットのオークションに出品され、中には実際の小売りの五倍以上まで価格がつり上がっている商品があることが二十一日、分かった。

 ヤフーのオークションサイトには二十一日、約百点の「白い恋人」が出品。市場価格に比べ、最も高値をつけているのは十七日に出品された小売価格九百四十五円の十八枚入り商品で、二十一日午後七時現在、四千九百九十九円で入札されている。

 商品は、十二枚入りから三十六枚入りまでさまざまな種類が出品されているが、中には「入手困難」「賞味期限たっぷり」などと買い手の興味をそそる言葉を添えたものもある。

 ただ、石屋製菓は全商品の自主回収を進めている最中。同社は「お手元に商品をお持ちの方には返品をお願いしており、できれば送り返していただきたいのだが」と戸惑っている。
(北海道新聞 引用)
スポンサーサイト
【2007/08/22 11:52 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<「法令順守を徹底」 石屋製菓 島田新社長が抱負 | ホーム | クマがヤギ襲う 蘭越>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。