スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
8月の日照時間 根室、最長206時間
札幌管区気象台が三日発表した八月の気象速報によると、道内では根室で一八九○年(明治二十三年)の観測開始以来、月別の日照時間で最長となる二〇六・五時間を記録した。

 太平洋高気圧の勢力が強かったため、霧の影響を受けやすい釧根地域でも日照時間が増えた。釧路でも一九一○年(同四十三年)の観測開始以来、二番目となる一九七・四時間を記録した。

 最高気温は道内百七十四の観測地点のうち、苫小牧で三五・五度(十五日)の「猛暑日」を記録するなど三十三地点で過去最高気温を更新した。この夏の道内の最高気温は、十四日に十勝管内音更町駒場で観測した三六・二度だった。

 道内の主な二十二地点の平均気温は、いずれも平年を○・九-二・○度上回った。同気象台は「十二-十五日の暑さが目立ったが、そのほかの日もまんべんなく暑く平均を押し上げた」(気候・調査課)としている。

 また、日本気象協会道支社によると、太平洋高気圧に覆われ、大陸から乾燥した空気が流れ込んだ八月後半(十六-三十一日)は各地で雨量が少なくなり、函館で四ミリと同支社に記録が残る一八九五年(明治二十八年)以降で最少。札幌も四ミリで一九○四年(同三十七年)以降で二番目の少なさだった。
(北海道新聞 引用)
スポンサーサイト
【2007/09/04 20:10 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<上川盆地、一目で 鳥観図が国際品評会最優秀 旭川の北海道地図 | ホーム | 市の「暮らしの便利帳」 点字版を初発行 ボランティア団体が全ページ点訳、校正 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。