スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
上川盆地、一目で 鳥観図が国際品評会最優秀 旭川の北海道地図
【旭川】北海道地図(旭川、石崎隆久社長)が製作し、上空三千メートルから上川盆地(旭川市と近郊八町)を鳥観した地図「ビスタマップ旭川」が、八月上旬にモスクワで開かれた第二十三回国際地図学会の品評会で最高位の最優秀賞に選ばれた。日本国際地図学会(東京)によると、品評会で日本の地図が最優秀賞を受賞するのは初めて。

 品評会は七部門に分かれ、今回は二十八カ国から合わせて約千点が出品。ビスタマップ旭川が受賞した「レクリエーションとオリエンテーリングの地図」部門には約百点の出品があった。

 ビスタマップ旭川は、旭川市西部の嵐山上空から東方向に上川盆地を見下ろす立体的な構図で、コンピューターグラフィックス(CG)で作図した。遠方に大雪山系が連なり、美瑛川や忠別川が石狩川の本流に合流する扇形の地形と、旭川市街地の住宅や学校などの建物、周辺に広がる水田地帯などが空撮のように描かれている。

 品評会に出席した日本国際地図学会常任委員長の熊木洋太・専修大文学部教授は「正確さを兼ね備えた鳥観図は世界最高水準。つい見入ってしまう魅力的な地図として高い評価を得た」と話している。

 B1判(縦七十三センチ、横百三センチ)でカラー印刷。一枚千円で販売している。問い合わせは同社(電)0120・625・531へ。

(北海道新聞 引用)
スポンサーサイト
【2007/09/05 13:09 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ふるさと小包撤退 室蘭やきとり、カレーラーメン5業者 民営化で手数料負担に | ホーム | 8月の日照時間 根室、最長206時間>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。