スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
親方、介抱や搬送指示せず 時津風部屋の力士急死
大相撲の時津風部屋の時太山=当時(17)、本名斉藤俊さんが急死した問題で、死亡の直前、時津風親方が、しごいた兄弟子らを遠ざけ、斉藤さんと2人きりになりながら介抱せず、病院への搬送もすぐに指示しなかったことが29日、関係者の話で分かった。

 死亡後には、金属バットによる暴行を警察に話さないよう兄弟子らに口止めしていたことも判明。愛知県警は立件に向けて最終的な詰めの捜査を進めている。

 県警や複数の関係者によると、6月26日午前10時ごろ、愛知県犬山市の時津風部屋で朝げいこが終了。親方の指示で4、5人の兄弟子が残され、斉藤さんとのぶつかりげいこが始まった。

 親方は土俵脇でしばらく様子を見た後、風呂や食事のため宿舎に移動。約1時間後に戻り、ぐったりした斉藤さんを見て、「後はおれ1人でみるから、おまえらは風呂に入れ」と話し、兄弟子らを遠ざけた。

 けいこ場には斉藤さんが取り残される形で約20分間、2人きりだったが、この間に斉藤さんを介抱するなど救護措置は行われなかった。
(北海道新聞 引用)
スポンサーサイト
【2007/09/30 12:58 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<名古屋コーチン2割が偽物 畜産草地研究所が調査 | ホーム | ソフトから大腸菌群 ロイズ、一時販売を中止>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。