スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
離陸速度は正常、急に落下 空自機炎上で、副操縦士
愛知県豊山町の県営名古屋空港で航空自衛隊F2支援戦闘機が炎上、乗員2人が重軽傷を負った事故で、乗員の1人が、機体は正常な離陸ができる速度で滑走、浮上直後に急に落下したと話していることが2日、県警の調べで分かった。

 機体が十分な推進力を保って離陸し始めたとすれば、県警は操舵関係の不具合の可能性もあるとみている。

 調べでは、事故機に搭乗していた空自OBの水島光男副操縦士(56)が離陸時に速度メーターを確認したと説明。時速約220キロに達してから浮上したものの、高度10数メートル地点で落下したという。滑走前の整備、点検で機体に異常はなく、離陸直前まで計器類は正常に作動していたという。
スポンサーサイト
【2007/11/02 11:16 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(1) | page top↑
<<中村さん、今も無事 イラン外相からと副大臣 | ホーム | 伊藤組土建 居座りの男が拳銃自殺 札幌駅前ビル内 社員の前、突然>>
コメント
--語学・学習参考書--
語学・学習参考書を探すなら http://www.nbmcomputers.com/200162/101293/
by: | URL | #-【2008/10/04 17:46】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
F2支援戦闘機
「F2支援戦闘機」に関するブログでの最新の口コミ情報をお届けします! 最新ブログをまとめて検索【2007/11/02 11:43】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。