スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ごみ回廊 古物商逮捕へ 車の無許可解体容疑 札幌豊平署
札幌市清田区の民有地に、同市内の古物商の男(60)が廃車など七百トン以上を放置していた問題で、札幌豊平署と道警生活環境課は近く、自動車リサイクル法違反(無許可解体)の疑いで、この男を逮捕する方針を固めた。同署などは、長年放置された廃品が大量なことや、市が男に撤去を再三求めても応じなかった悪質性を考慮し、逮捕に踏み切る。

 調べでは、男は昨年三月から四月にかけ、同市清田区清田の民有地で、札幌市長の許可を得ずに廃車のバスを解体し、金属部品を回収業者に売った疑い。男は二十五年前に古物商の免許を取得していたが、自動車解体業の許可は取っていない。

 道警は当初、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いも視野に捜査したが、男は任意の事情聴取に対し、「産廃ではなく(同法の対象にならない)有価物だ」と主張。男が廃車などを集め始めた時期が二十年以上も前で、放置した時期の特定も難しいため、同法違反での立件は困難と判断した。

 一方で、民有地の道路の両側に放置された廃品は廃車のほか、廃家電、廃タイヤなど高さ約二メートル、全長四百メートルにわたり、周辺住民から「ごみ回廊」と呼ばれ、「異臭がする」「火事が心配」と苦情が相次いだ。このため、同署などは昨年十月に現場検証を行うなど捜査を進めていた。

 札幌市は昨年十一月六日、市などが撤去費用を一時負担して強制撤去に着手し、一カ月かけて廃棄物計七百二十トンを処分した。

 撤去費は約二千六百万円に上り、市は男に全額を請求する方針だが、回収できるかどうか微妙な状況だ。

スポンサーサイト
【2008/02/11 10:13 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
<<イグルーや笛、会場にアイスバーも 札幌の建築家ら 岩見沢で「美術展」 | ホーム | ラーメン店悲鳴、値上げも 原材料が高騰 冬の観光直撃>>
コメント
--経営戦略と30代,40代の転職--
経営戦略とは、軍事用語である「戦略」と経営が結びついた語で、企業が長期的な展望や自社の現時点での実力などを元に判断した経営方針や計略のこと http://cowboy.rcrane4law.com/
by: | URL | #-【2008/09/03 17:26】 [ 編集] | page top↑
--不動産・住まい--
不動産・住まいを探すなら http://www.pigottop.com/200163/
by: | URL | #-【2008/10/05 07:28】 [ 編集] | page top↑
--熱帯魚・アクアリウム--
熱帯魚・アクアリウムを探すなら http://www.mladickrealty.com/101213/203107/
by: | URL | #-【2008/11/19 01:55】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。