スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
札幌市長選、3氏届け出 二階堂、上田、清治氏
札幌市長選は二十五日告示され、いずれも無所属で新人の会社員二階堂俊三氏(57)、再選を目指す現職の上田文雄氏(58)=民主、社民、市民ネット推薦=、新人の前国土交通省技監・清治真人氏(58)=自民、公明推薦=の順に三人が届け出た。上田、清治両氏の事実上の一騎打ちで、史上最多の七人が立候補した前回二○○三年の市長選から一転、二十八年ぶりに保革対決型の選挙戦となる。投開票日は道知事選などと同じ四月八日。

 争点は経済・財政問題で、市の借金にあたる市債残高が約二兆一千億円に上る中、景気回復と雇用創出をどう図るかが問われる。各候補ともローカルマニフェスト(公約集)を掲げ、本格的な政策本位型の選挙となる。

(北海道新聞より引用)
スポンサーサイト
【2007/03/27 02:03 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<随行団宿泊先はルスツ、プレスセンターは札幌など4候補 「洞爺湖サミット」誘致提案  | ホーム | 豪華客船限定 「青い」エビス サッポロ、来月発売>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。