スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
かもい岳温泉の指定管理者 委託料ゼロで公募 歌志内市
【歌志内】歌志内市は、財政健全化計画で指定管理者制度の導入を決めた保健休養施設「かもい岳温泉」と「かもい岳温泉別館」の運営団体の公募を始めた。深刻な財政危機に直面している状況から、市は委託料を異例のゼロとした。夕張市が観光施設を売却、運営委託を募集したのと同じ「提案型入札」で、民間が持つ幅広い経営ノウハウを募る。

 同施設は、水道水を利用した入浴施設と宿泊所のほか、アスレチックルームやレストランなどを備える。競技スキーヤーが合宿で訪れ、全国規模のスキー大会も開かれる「かもい岳国際スキー場」に面している。

 市の直営だったが、毎年、約三千万円の赤字が発生。市幹部と学識経験者らでつくる選定委員会が、雇用や地域振興に貢献できるか、安定して管理、運営できるかなどの基準で審査を行う。指定期間は六月一日から二○一一年三月まで。

 応募は十九日から二十七日まで。必要な提出書類を市産業建設課商工観光グループまで持参する。十八日午後六時から現地説明会を開催する。十六日までに申し込む。問い合わせは同グループ(電)0125・42・2223へ。

(北海道新聞引用)
スポンサーサイト
【2007/04/14 10:37 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<夕張市長選に7人届け出 再建や町づくりで舌戦 | ホーム | 冬吹き飛ばす/知床横断道>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。