スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
素人踊り子摘発:ススキノ・ストリップ劇場 支配人ら7人逮捕
札幌・ススキノのストリップ劇場「札幌道頓堀劇場」で大学生や専門学校生などの素人ストリッパーが客の前で陰部を露出したとして札幌中央署は28日、劇場の支配人やストリッパーら計7人を公然わいせつの疑いで現行犯逮捕した。素人女性の出演は今月始まり、客への誘い文句は「もしかしたら近所の○○さんかも?」だった。同劇場は東京都渋谷区に本社がある有名店で、上層部の指示があったかどうかを調べている。

 逮捕されたのは支配人の佐々木靖(おさむ)(39)=札幌市豊平区豊平2の5▽司会者の藤村浩司(36)=同市中央区南7西6=の2容疑者。ほかにストリッパーとして雇われていた私立大2年の女(21)=同市北区▽専門学校生の女(21)=江別市▽19歳の専門学校生など少女3人の計5人。

 調べでは、ストリッパーの5人は28日午後2時50分ごろ~同3時10分の間、同市中央区南6西5の同劇場で、38人の客の前で全裸となり、陰部を露出させて客にポラロイドカメラで撮影させた疑い。佐々木、藤村の両容疑者は照明を当てたり、司会をするなどして5人と共謀し、公然わいせつに加わった疑い。

 同劇場は今年4月からインターネット広告やアルバイト情報誌などで一般女性の募集を始めた。女と少女の5人は毎週金土日の3日間、「仮面クラブ」と銘打ったステージに仮面をつけ、私服姿で出演。1ステージ5000円の報酬を受け取っていた。写真は1枚500円で販売。ストリッパーの取り分は1枚につき200円だった。

 同劇場は99年に道公安委員会から店舗型性風俗特殊営業の許可を得た道内唯一のストリップ劇場。ホームページによると、数々の映画やドラマなどに出演歴のある女優の清水ひとみさんが代表。以前は民放の深夜番組などで度々紹介されていた。

  ◇   ◇

  ススキノの歓楽街で起きた白昼の逮捕劇。劇場内に客を装って入り込んでいた札幌中央署の捜査員は、ストリッパー5人が客に陰部を撮影させた段階でステージに向かい、警察手帳を示した。同署は撮影した客からも参考人として任意で事情聴取した。

 複数の来店経験者の証言によると、同劇場では以前からプロのストリッパーの踊りの合間に「ポラロイドタイム」と称して客に撮影希望を募り、有料で撮影させていた。札幌中央署は今回、素人女性を雇って営業したことを社会風紀を乱す悪質な行為と判断したとみられる。同劇場の本社は東京都渋谷区にあり、上層部の指示があったかどうかを調べている。

 近くの風俗店従業員の男性(36)は「最近は客引きができなくなったり、風俗業界に対する警察の取り締まりが厳しい。ススキノも住みづらくなった」と嘆いていた。

(毎日新聞引用)
スポンサーサイト
【2007/04/29 18:31 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ペリ館へ見においで おたる水族館 5羽お目見え | ホーム | 北海道新聞>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。