スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
人妻ヘルスで・・・ 
ヘルスやキャバクラ・居酒屋が乱立する、有名なところが出張先が近くだったのでこりゃ行くしかないでしょ!と言う事で、ネットで調べて人妻ヘルスに突入しました。
フリーで突入すると、6枚ほど写真だ出てきます。
小生小柄なので、自分より小柄でDカップの人妻をセレクト。
カーテンが開きご対面すると、写真よりは若くかわいい系でした。

普通に会話をしながら、服を脱いでシャワー。
良く話してみると、この方は人妻ではなくバツ1でした。
綺麗に体を洗ってもらいつつ、ちょこっとプレー開始。
バック素股で、元気になったところでエンド???
続きはベッドでね~って。

まずはテクを確かめる為、こちらはマグロに徹します。
ディープキスから始まり、乳首・下へと段々下がっていきます。
このバツ1さん、なかなかの舌技で気持ち良くなってるとうつ伏せになってと言われ応じると、お尻に執拗な攻撃をしつつ手は竿をシゴキ始めるから、たまりません。
仰向けに戻ると、覆いかぶさってきてキスをしながら、ギンギンだよなんて言いながら、アソコをこすりつけてきます。
そすると、枕元に有ったちっちゃいバックからコンちゃんを取り出しました(@ @)
お店には絶対に内緒よ!と念を押されコンちゃん装着!
そのまま騎乗位でイン!
それからは、色々とポジションチェンジしながらフィニッシュ!
爽快な気分で、お店を後にしたんですが、翌日にハプニングが。。。

翌日出張先の仕事場へ行くと、まだ鍵が掛かってたので入れなかったのでパチスロで時間を潰すかと思い、パチンコ屋に行きました。
打つ台を決めて、打ってると1つ台を挟んだ所に、見かけた事が有る女性が打ってました。
ただその時は、誰だか思い出せませんでした(汗)
その女性が、ボーナス確定となり目押しが出来ないのかこちらは出ないので、イライラしながら見てると店員と呼びました。
その時その女性と目が合い、くじらさんと声を掛けられました。
エッ、誰だっけと良~く思い出してみると、昨日のバツ1の方でした。
それからは、僕が隣の台へ移動し、バカ話をしつつ打ってましたが私は全然出ないので、仕事があるからそろそろ行こうと適当な理由で出ようとすると、一緒にお茶しよう、と言うじゃあ~りませんか!
もちろん、応じない手はないと思い、仕事場に少し遅れると連絡しました。
【2008/11/07 22:35 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
人妻ヘルスにて 
都内の某老舗人妻ヘルスでのことです。
毎度利用し常連となっていた店でしたが、馴染みのオキニも引退してしまいしばらく遠退いていましたが、HPだけは時々チェック入れていました。
ある時のHPで新人さんが頻繁に入る時期があってチェックしていたら気になる嬢がいたので、「久しぶりに行ってみるか」と思い入ってみました。
私、普段は対女性にパッとしないのですが、こと風俗(ヘルス)では「イイオモイ」を結構しておりました。
今までのオキニはもちろん一回こっきりの嬢でさえデキる確立が高く、下手にソープやDCなんぞに行くより安くあがってました。

さて、話は元に戻りますが、久々に赴いた馴染みの店も受付の兄ちゃんも変わり雰囲気は違いましたが、無事HPでチェックした嬢を写真指名(ここは店での写真指名料は無し)することができ、待ち合わせてホテルへイン。
その嬢は見た目の雰囲気はさすが人妻店ということでそれなりの外見と年齢ですが話してみると、可愛らしい印象の人でした。
プロフでも「受身好き」というのも私の好みでしたので、内心「こりゃ今回も・・・」と思いプレイに入りました。

お風呂に入った後、ベッドでプレイ開始となりましたが最初は(といっても5分くらいですけど)嬢にサービスをさせてあげて、その後は攻守交替しキス、大きくはないけど形のいい胸を攻めながら同時に下も攻めていました。
さすが受身好きということもあって、その段階で2回はイッてもらいそして毎度得意の「生○ンバイブ攻撃」です。
亀頭をクリに擦りつつ、時々入り口付近を汁を掻き出す様にクリに向かって擦り上げます。
この辺で「できる嬢」と「無理な嬢」の見分けはつきます。
「できる嬢」はこの時点でハッキリ「入れるのはダメ」と言うか、もしくは感じながら(感じてるフリ)で腰をくねらせて入れるのを防ごうとします。
「できる嬢」はそのまま為すがままなので「そのまま行けばヨシ!」ということです。
ところがこの日の嬢は前述の「入れちゃダメ」派でしたが、なんか言い方が可愛らしい(声も少しアニメ声っぽい感じ)だったため、いつもは断られたときはしっかり諦めるのですが、その日は「なんとしてもシたい!」と思いました。
そこで、「入れないよ~」的な素振りで抱きつきつつ素股しながら先っぽを入り口に当てがいつつキスをしました。
そして3分の1くらい入ったところで嬢が
「ダメ・・入ってるよ・・」
と言うのが聞こえてはいましたが、そのままキスで口を塞ぎ全部を入れました。
そのあとは
「すごい気持ちいいよ!」
と言いつつ腰を振ると嬢のほうもかなりのMらしく、無理にされたことで興奮して感じまくりだしました。
そのあとはもうベッドではいろんな体位をし、洗面台の鏡の前での立ちバックなどもしつつ嬢の方は6,7回はイッたでしょうか?(私は1回ですけど)

終わったあとの会話で「お店に入って間もなかったんで、シちゃいけない」と思いつつ悶々としていたことを打ち明けられ、今回の強引さ(キスで口を塞がれつつの挿入)で抑えていたものがはじけたらしいです。
【2008/10/20 18:09 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
渋谷のデリヘル 
久しぶりの東京出張でしたので、渋谷に拠点を構える人妻デリを体験してきました。
電話連絡後30分で到着。
年齢は30歳代ですが清楚感漂ういかにも人妻という感じの女性でした。
100分コースで最初は10分程度お話しをしていましたが、その最中にひざをこちらにくっつけてきてスキンシップをしてくれ服を一枚一枚脱がしてくれました。
同時に自分の服も脱いで、お互い裸の状態となりシャワー室にはいり全身をソープで洗っていると、自然な形でのディープキス。
こちらも我慢できなくなりぬるぬるの状態であちこちいたずらしました。
まだ愚息は半立ちの状態でしたが、ねっとりとしたフェラでびんびんになりベッドルームへ。

自分は攻め派なのでディープキスから首筋耳にかけて舌をつかってゆっくりと愛撫。
じらし気味におっぱいを攻めるとデリも感じてきて
「乳首をキューっと引っ張って」というので口でキューっと伸ばすような形で引っ張りました。
そのままお口であそこをなめなめすると、体をのけぞらしていってしまいました。
そのあとオシリなめなめから背筋・首筋をせめると2回目の昇天。
あそこは濡れ濡れとなりましたが匂いはしませんでした。

今度は受身になるとディープキスからいきなりフェラへ。
しごく感じではなく、ねっとりとふやけるぐらいしてもらいました。
こちらも69で応戦。
すると、「ゴムしてもいい?」といわれそのまま騎乗位で挿入。
感じてしまって力が入らなくなってしまったようで、正常位に変更し、じらしながら抜き差ししていると、
「ぬかないで!お願い!」
といわれたので、そのままスパートし気持ちよくこちらも昇天。
ベッドでいろんなお話をしているうちに終了の合図。
ディープキスでシャワーをあびてお別れとなりました。

以前より人妻系は好きでしたが、今回今までで最高の時間をすごせました。

【2008/10/02 21:53 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ラッキー
今日大宮の韓国エステ「ス○●○」に行ってきました。
何度かこの店に行ったことはあったけど「○番」は今日が初めてでした。
こっちから要求したわけではなく、むこうからかってに入れてきました。
生で中出しです。驚いたけどすごく得した気分です。
ほんとにこういう事ってあるんですね、今までは掲示板の中だけの作り話だと思ってました。
気持ちよかった~^^

【2008/09/15 17:10 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
M性感にて 
高級M性感(○○秘密倶楽部)での出来事です。

昨年、3回程○○秘密倶楽部というM性感にいきました。
美人ばかり揃えているということで有名なお店です。
料金設定は高めで、姫たちは下着姿で、途中からは上半身のみ裸になってくれます。
姫達へのタッチは(キスも)ご法度で、(姫達より、言葉攻めをされながら、ペニスやアナルなどを手や道具を使って攻められるというプレイ内容です。聖水プレイもあるみたいです。)
お店自体ソープを改造したお店で、SMの器具や道具が設置されています。
最初にお店に行き、3Pコースを選択しました。
姫はお店側の推薦のベテランA嬢と新人のY嬢にお相手してもらうことにしました。
A嬢はスレンダーな美人系の女性で、Y嬢は私の理想的な容姿、スタイルの女の子でした。
お部屋に入って、私はSMには興味がないことを話をしてプレイを開始した。
私のみ体を洗われてベッドに。
色々と小道具を使ってアナルとかを攻めてもらったが、痛いのみで中止してもらい、下半身はA嬢、上半身はY嬢担当となりました。
A嬢は言葉攻めもしてきましたが、私の性に合わないので普通の雑談をしながらプレイに望みました。
結局A嬢には暖かいローションでペニス周辺を刺激してもらい、Y嬢に膝枕をしてもらい、おっぱいやパンティごしにあそこを触らせてもらっていました。
Y嬢の肌はもち肌で、超すべすべで触るだけども気持ちが良かったです。
本来は姫達に触るのもご法度らしいのですが、断られませんでした。
Y嬢は声を出さないものの、我慢しているのがまる分かりで、パンティがかなり湿ってきていました。
それ以上の進展もないまま終了。
延々と話をしていたために、仲良くなって、3人でディープキッスをして帰りました。
その後も同じメンバーで、同様の内容で2回、お店で遊びました。
こんなのもありかなってかんじで、特に進展はありませんでした。

今年に入ってから行きつけのソープに電話するといい姫が入っていますということだったので、早速遊びに行きました。
エレベーターでご対面となりましたが、超美形の姫でした。
ベッドでいちゃいちゃしながら話をしていましたが、超淫乱みたいでそのままラストまで約2時間SEXをしまくってしまいました。
その姫は超久し振りのみみず千匹の膣を持っており、さすがの私も何回かいきそうになってしまいました。
次が詰まっていたので延長出来ず、速攻でシャワーを浴び帰りましたが、今までプライベートでもいったことがないそうで、膣の痙攣などから何回かいってくれたのかなと思っていましたが、いきそうにはなったけど、いっていないとのことでした。
店の従業員に話を聞くと、その姫は土曜日の夜から日曜日の夜までのバイトだそうで、次の週にダブル(240分)で予約をしました。
次の週に遊びにいきましたが、姫は凄く喜んでくれてあんなに気持ちが良かったのは初めてと言ってくれました。
今日はゆっくり時間があるので、先にお風呂に入ってソファーでいちゃいちゃしながら話をしました。
その姫はソフトSMみたいな店でS嬢をしているとのこと。
Sのプレイは大好きではまっているのだと。
でもSEXも大好きだけど、今の彼氏は凄く蛋白なので、週末のみ趣味と実益をかねてソープでアルバイトをするようになったそうです。
早速Hすることになりましたが、正上位で90度開脚させ両方の足首を手で持ち、前後ではなく上下に腰を振る体位が気に入ったみたいで、子宮口とペニスがこすれ合うのが気持ちいいみたいでした。
その体位を延々と続けていくと、いきなり、全身が痙攣し始め、ペニスに痛みを感じるくらい膣がめちゃくちゃ締まったかと思うと意識がなくなっていました。
暫くして覚醒すると。
「いっちゃった。すごくすごく気持ちが良くって、意識が飛んでしまった。」
「もっとして。」
と言われ、再び色々な体位でSEXすると、次からは早くいくようになり、何十回かいったあと、やっと姫から休憩しようと。
私は全身汗だくで、息も絶え絶えになっていたので、ほっとしながら膣からペニスを抜いて横になりました。
抱き合うような姿勢で二人とも眠ってしましました。
寝たのはものの数分と思いますが、かなりの時間寝てしまったような感じがしました。
コーヒーを飲みながらタバコを吸っていると、姫も起きて来て、ラブラブモードになっていました。
「Hがまた好きになっちゃった。あなたから離れなくなっちゃった(笑)」
「でも、こんなところをMの男性がみたらびっくりするだろうね。」
「そうだね。でも、私の勤めているところはハードじゃないから色々な人が来るよ。」
「勤めているお店の名前は?」
「うーん。まっいいか。○○秘密倶楽部です。」
「えー! ○○にある?」
「そうだよ。知ってるの?」
「何回か行ったことがあるよ。」
「えっ。あなたみたいな人はあの店ではないよ。で、誰がついたの?」
「3回行ったけど、3回ともA嬢とY嬢の3Pではいったよ。」
「二人とも良く知ってるよ。A嬢とは時々一緒に遊びにいったりするし、Y嬢は仕事のある時は家が遠いので私のマンションに泊まっていくよ。」
「そう言えば、Y嬢が私のペースで進まないダンディーなお客さんで、魅力的な男性。と言ってたのはあなたのことでしょうね。」
(以下省略、内容はかなり照れるものなので)
「そのお店の源氏名は?」
「Mです。」
「じゃー機会があればM嬢を指名してもいい?」
「是非来て来て!」
「じゃあさ。○○秘密倶楽部でSEXしない?Y嬢も呼んでさ。」
当然、拒否されるものだと思っていたら、
「それって面白いかも。しようしよう。Yちゃんには言っておくね。」
意外な展開になり、その日は帰りました。
1週間後にM嬢を予約してソープに行きました。
「嬉しい。また、来てくれたのね。この前からいけるかなって思ったけど、あなたとでなければいけないわ。今日もうーんと愛してね。」
と嬉しいお言葉でした。
「それとこの前の話Yちゃんにしたら凄く乗り気だったよ。いつにする?」
「いつ行けるか分からないので、また連絡する。」
ということで電話番号をゲット。
その後は・・・・で何回も何回もいってました。

1ヶ月ほど空いてようやく実現しました。
○○秘密倶楽部へM嬢とY嬢を指名して予約をとりましたが、凄く費用がかかちゃいました。
3人で全裸になり、3人ともシャワーを浴びました。
先ずはM嬢とのSEXですが、ベッドの横にはM嬢が座った状態でいました。
いつもと違ったシチュエーションで、しかも他人に見られてのSEXは初めてとのことで、M嬢は興奮しまくっていました。
Y嬢も他人のSEXを見るのが初めてだそうで、
「凄い、凄い。」とこちらを凝視していました。
次に二人にレズプレイをさせました。
M嬢は経験があるみたいでしたが、Y嬢は初めてで最初は少し抵抗があったみたいでしたが、そのうちに
「気持ちいい。気持ちいい。」と連呼していました。
いよいよ、大本命のM嬢とのプレイになり全身愛撫していたところ、愛液がいやに鉄分くさいなと思っていて、私の手をみれば血が・・・・。
そう、生理が始まったのでした。
また、M嬢は生理の初日が最も多いみたいで、M嬢とのプレイは残念せざるを得なくなりました。
(M男君の中には生理フェチがいて、プレイ中生理の血を舐め続けてナプキンやタンポンをお土産にもって帰る人がいるそうですが、私には残念ながら?そういった趣味はないもので。)
ここでの料金を考えると高級旅館に皆で泊まってもおつりがくると言う話になり、今度3人で温泉(家族風呂か混浴風呂かお部屋に温泉がついているところ)へ行こうということになりました。
ただ、3人の時間の調整がつきにくく、実現するのはいつになることでしょう。
【2008/08/28 17:39 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。